育毛剤の副作用

髪の悩みを解決するための育毛剤。髪にツヤやコシを戻したり、脱毛症が回復させるために育毛剤を使ったのに、思わぬ副作用に悩ませられる可能性もあります。

ここでは、育毛剤の使用で起こる恐れがある副作用についてまとめてみました。

頭皮の炎症・かゆみ

乾燥肌や脂質肌など、お肌にいろいろなタイプがあるのと同様に、頭皮も人それぞれタイプが異なります。

育毛剤には頭皮に働きかける物が多いので、肌に合わない育毛剤を使うと頭皮のトラブルを引き起こす恐れがあります。

天然由来成分や無添加など、肌への刺激が少ないとされている成分を配合することで、頭皮への影響を最小限に抑えようと育毛剤を開発している側も動いています。
しかし、すべての人に悪影響を与えることのない成分というものは事実上存在しないので、副作用を発生させるリスクはゼロになることはありません。

頭皮が赤く腫れてしまう炎症・かぶれ、かゆみが発生するなどの副作用は、育毛剤を直接頭皮につける外用薬タイプのものや育毛シャンプーに多く見られます。

もし育毛剤の副作用と思われるそれらの症状が見られた時は、すぐに育毛剤の使用をやめて、専門医に相談しましょう。

育毛剤の副作用で起こる頭痛・めまい・吐き気

近年では多くの育毛剤に含まれている「ミノキシジル」という成分は元々、高血圧の方に処方される薬でした。

ミノキシジルは後に、髪を育成して脱毛症を回復させる効果もあることが発見されて、育毛剤におよそ1%ほど配合されるようになりました。

ミノキシジルは血管拡張剤なので血圧を下げる働きをしま。低血圧の方がミノキシジルを配合した育毛剤を使用すると、貧血によるめまいや吐き気・頭痛などの副作用が起こる可能性もありますのでご注意ください。

他の副作用について

育毛剤は成人男性向けの商品が多く販売されています。女性や未成年の方には使用の禁止をしているものもあります。

禁止になっていなくても、使用した育毛剤が体に合わず、思わぬ副作用によって体調を崩すことも考えられます。
そういった観点からも「女性用の育毛剤」や「男女兼用」などの育毛剤を選ぶ方が安全と言えるでしょう。

妊娠中の女性は特に注意が必要です。

男性型脱毛症(AGA)の治療薬としても販売されている「フィナステリド」を含む育毛剤(主に内服薬=飲み薬)には、胎児に悪影響を及ぼすなどの副作用が考えられるので、服用だけでな、触れることすら禁じられている場合もあります。

また、このサイトでは女性にターゲットを絞った育毛剤をご紹介していますのであまり関係がないことかもしれませんが、男性ホルモンの働きを抑制することで脱毛を防ぐタイプの育毛剤を服用することで、一部の男性機能(性欲減退や勃起不全など)への障害を起こすという副作用がある育毛剤も、深刻な状況に陥ることは滅多にないとはいえ、存在しているようなのでお気を付けください。

育毛剤の副作用ではなくても、用法や用量を守らずに使用すると、何らかの悪影響が起こる可能性も出てきます。
育毛剤を使うときは、付属の説明書などをしっかりと読んで使いましょう。

もし育毛剤を使用したことで何らかの副作用を感じたら、一般皮膚科や頭髪専門皮膚科などの専門機関へお問い合わせください。