シャンプーの仕方

抜け毛対策の基本とも言える「シャンプー」ですが、やり方次第では頭皮を気づ付けてしまってまったくの逆効果を及ぼすこともあります。

ちゃんとした方法でやるだけで、今までとは違った髪質や抜け毛の量になりますので、シャンプーは薄毛対策としてはとても重要な手段です。

ここで、シャンプーの仕方をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

1.頭皮にあったシャンプーを選ぶ

一言で「頭皮」と言ってもいろんなタイプがあります。顔や腕などのお肌と同様、頭皮にも乾燥するタイプや、逆に皮脂の多いタイプ(オイリータイプ)があり、そのタイプによってシャンプーも使い分ける必要があります。

乾燥しやすい頭皮の方が頻繁に髪の毛を洗ってしまうと、フケや炎症の原因になってしまう可能性もありますし、逆に皮脂の多いタイプの頭皮の方がシャンプーを怠ると、毛穴に皮脂や汚れが貯まりやすくなり、抜け毛の原因になります。

自分の頭皮のタイプの調べ方は簡単です。

髪の毛が塗れていないときや汗をかいていないときに、ティッシュや乾いた布など、もしくは指でもかまいません、とりあえず頭皮に触れてみて、その部分に脂がついているかどうかで判断できます。

もし頭皮に触れた部分に脂がついていなかったら「乾燥肌タイプ」、ついていたら「オイリータイプ」です。

この段階で、薄毛になる、ならないは関係なく、単純に自分の頭皮のタイプが分かるだけですので、とりあえず見てみましょう。

そして、自分の頭皮のタイプが分かったら初めてシャンプーを選びます。

2.まずはブラッシング

特に髪の毛の長い方に必要なのが「ブラッシング」です。

「これからシャンプーをするのにブラッシング?」とお思いになるかもしれませんが、ブラッシングをすることで頭の表面(髪の毛)についているホコリなどを落とすことができます。

ブラッシングをせずにシャワーなどで髪の毛を濡らしてしまうと、頭皮にホコリやフケなどの細かい汚れがついてしまう可能性もありますのでご注意ください。

また、ブラッシングをするとシャンプーのときの髪の毛のほつれを防ぐこともできますのでお試しください。

ただし、ブラッシングはあくまでも軽い力で行ってください。ブラシが引っかかっている状態で力を入れてしまうと、髪の毛が痛むだけではなく、髪の毛を引っこ抜いてしまって毛根を傷つけてしまい、余計に頭皮を傷めてしまいます。

適度にブラッシングを行うことで頭皮の血行が良くなりますので、その後のシャンプーのためのよいウォームアップとも言えるでしょう。

ブラッシングに使うブラシは、目が粗くクッション性のあるものを選ぶのをおすすめします。

3.シャンプー前に髪を流す

シャンプー前にシャワーで十分に流します。ここで重要になるのが、お湯の温度です。熱いお湯や冷たい水ではなく、なるべく体温に近い温度で流しましょう。体温よりも2、3度高い温度が適温と言えます。

適度な暖かさ(だいたい38度くらい)のお湯でじっくりと頭皮から流していきましょう。シャンプー前に流すだけで、汚れや皮脂の大半は落とすことができます。

シャワーの圧力もあまり強くする必要はなく、頭皮の地肌にお湯が届くくらいの強さで、3分くらいかけてじっくりと流していきます。

4.シャンプーを使って洗う

じっくりと髪を流すだけで汚れや皮脂の大半は落とすことができていますので、シャンプーをたっぷり使ってゴシゴシ…なんて必要はありません。

シャンプーをつけてもなかなか泡立たなかったり洗った後のさっぱり感が無かったりするのは、たいていの場合は、シャンプー前の流しが足りない証拠です。

流しが終わった後、シャンプーを手に取って手のひらで泡立てます。間違っても直接頭にシャンプーをかけないようにしてください。シャンプーの洗浄成分が頭皮を傷める原因になります。

手で泡立てたシャンプーを頭に乗せてさらに泡立てます。そして良く泡立った状態でそのまま頭皮をマッサージする感覚で洗っていきます。

ここで大切なのが「マッサージをする感覚」です。

シャンプーだからと言って、ゴシゴシと頭皮を洗う必要はありません。先程述べたように、シャンプー前のすすぎで大半の汚れは落とすことができています。

シャンプーで洗い流すのは、頭皮の毛穴に残った皮脂や汚れだけなので、優しく揉み洗いをする程度で大丈夫です。力を入れたり爪を立てたりして頭皮に強い刺激を与えると、頭皮が傷ついて抜け毛の原因になってしまいます。

頭皮に痒みや傷がある方は、より優しくマッサージをするように洗う、もしくはシャンプーを使わないでお湯洗い程度にしておく方が良い場合もあります。

5.よく流す

シャンプーを使って頭皮を揉み洗いした後は、良くすすぎましょう。

シャンプー前に髪を流すのと同様で、この「すすぎ」と呼ばれる作業もとても大切です。

シャンプーの洗浄成分が頭皮に残ってしまうと、頭皮のフケ、痒み、炎症の原因、そして毛穴のつまりから発生する薄毛や抜け毛の原因になります。

多くの頭皮のお悩みは、不十分なすすぎが原因と言っても過言ではありません。

今まで思っていた以上に、じっくりとよく流してください。