育毛剤の種類

育毛剤を選ぶに当たって、一番重視されたことは一体何でしょうか?
値段やデザイン、香りや評判など、まだ使ったことがない育毛剤だと、何を基準に育毛剤を選べばよいのか迷われるのも仕方がないことだと思います。

育毛剤を一番効果的に使うには、まずは自分の頭皮の状態を良く知ることが重要となります。そして頭皮の状態にあった育毛剤を探すことが、育毛剤の効果をより有効にさせる手段となります。

頭皮もお肌ですから、乾燥肌、脂質肌、敏感肌などいろんなタイプがありますが、育毛剤も成分や、毛根へのアプローチの仕方などで種類分けをすることができます。

育毛剤には大きく分けて3種類あります。

1.男性ホルモンを抑制するタイプ

男性ホルモンの一種である「テストステロン」が原因となって起こる薄毛。

このテストステロンは、イライラしたりストレスを感じることによって増加してしまい、体内にある5αリラクターゼという成分と反応することでデヒドロテストステロンと言うホルモンに分解されてしまいます。
デヒドロテストステロンが増えてくると、徐々に脱毛を引き起こすようになってしまいます。

テストステロンを抑制するタイプの育毛剤には女性ホルモンを含んでいるものが多く、成分的にはスピロノラクトンやエチニルエストラジオールなどがそれにあたります。

2.頭皮の血行を良くするタイプ

毛根・毛髪に栄養を運ぶのに欠かせないのが血液です。
毛細血管がしっかりと働き、血行が良くなることで髪へと栄養が送られます。

毛細血管を拡張させて血行を促すタイプの育毛剤は、頭皮や毛根に刺激を与えるものが主流です。

3.毛母細胞を活性化するタイプ

毛髪が作られる場所である「毛母細胞」を活性化させるタイプの育毛剤は、直接毛根部分に働きかけ新陳代謝を高めるものが多いです。

そのため育毛剤がより毛母細胞に届くよう、育毛剤の浸透力を重視して作られているのがほとんどです。

育毛剤を選ぶときに薄毛の原因が分かっていると、上記の3つの種類の育毛剤のうち、どのタイプを選べば良いのかわかってきます。

自分ではまったく意識せずとも、頭皮をしっかり診断すれば、きっといろんな原因が見えてくると思います。