分娩後脱毛症

分娩後脱毛症とは、いわゆる出産後脱毛症のことを言います。こちらも男性にはない、女性特有の薄毛の症状です。

分娩、出産後に一時的に抜け毛が多くなってしまったり、髪の毛が弱く痩せてしまうことによる薄毛を「分娩後脱毛症」と呼びます。

分娩後脱毛症は病気ではなく体質的なもので、分娩後脱毛症が発症したからといってなにか治療をする必要はありません。

分娩後脱毛症の原因

分娩後脱毛症の原因は女性ホルモンの変化です。

女性は妊娠・出産においてエストロゲンなどの女性ホルモンの分泌に変化が起きます。
女性ホルモンが毛髪の生え変わりサイクルに影響を与えて、サイクルが成長期から休止期に変わってしまうことが原因だと言われています。

他にも、妊娠することにより髪の毛に必要な栄養分をお腹の赤ちゃんに回してしまうことも原因の一つと考えられています。

それらが原因で、頭髪が薄くなり「分娩後脱毛症」になります。

分娩後脱毛症の対策は?

さきほど書きましたように、分娩後脱毛症は病気と言うよりも、妊娠・出産によって一時的に女性の体質が変わった結果と言える症状です。

したがって分娩後脱毛症には治療をする必要はなく、出産後だいたい半年~1年くらいで、ホルモンバランスが回復するにつれて自然に症状が治まってきます。

回復には個人差がありますので、出産後のストレスや健康状態によっては、まれに分娩後脱毛症の症状がおさまらずに抜け毛が続いたり、円形脱毛症になってしまう場合もあります。

そういった場合は薬の服用などをするまえに、まずは医師に相談をしましょう。

出産という大変敏感なときの症状ですので、少しでもおかしいと感じることがあったら、医師に相談・環境の改善を心がけてください。

薄毛の症状について

「女性の薄毛について」にもどる