脂漏性脱毛症

脂漏性脱毛症(しろうせいだつもうしょう)とは、過剰に分泌された皮脂が頭皮の毛穴をふさいでしまうことで起こる脱毛症です。

アトピーや過度のストレス、体調不良などによる免疫力の低下がその原因とされ、皮脂で油っぽいギトギト肌の体質の方に多い症状です。ホルモンバランスが崩れてしまうと起こる症状でもあります。

皮脂が毛穴をふさいでしまい、さらに皮脂に雑菌がわいて毛穴の周辺や毛根が炎症を起こすことで抜け毛や毛髪の衰退が進んでしまいます。

脂漏性脱毛症の対策

脂漏性脱毛症の一番の対策は「清潔を保つ」ことだといえます。脂漏性脱毛症は、適度に洗髪を行うことで防げます。

また、雑菌に対する抵抗力を保つためにも

  • ストレスを溜めない
  • 規則正しい生活をする
  • 香辛料やアルコールなどの刺激物を控える
  • 血行を良くするために頭皮マッサージを行う

ことが必要です。

洗髪を行う時も、皮脂を嫌って刺激の強いシャンプーを使うと、他の脱毛症の原因にもなりますので、過度な対策は行わないほうがいいでしょう。

どうしても抜け毛の進行、薄毛が収まらない場合は、専門の医師に相談をして、適切な処置を施してください。

薄毛の症状について

「女性の薄毛について」にもどる